メニュー

news_cat

ご安全に!

鉄筋を製造する設備立ち上げの際には、良品を出す前に試作品を作ります。

試作品は、鉄筋原料として社内でリサイクルしています。

 

リサイクルに当たり鉄筋を約1m毎に切断していますが、作業は人力かつ屋外であり労力を要すること等の問題があります。

それらの課題を解決する為、拓南製鐵含む4者で共同研究を行い、鉄筋を自動で切断する装置の開発に取り組みます。

 

課題内容をまとめ、生産技術開発プロジェクトに申請した所、採択されました。

拓南製鐵は、働きやすい職場環境を作るため、日常業務の問題を捉え改善に取り組んでいます。

お陰様で、今般生産する品種が増えている事から鋼番の見直しを行うこととしました。

それと併せて、お客様からの要望を取り入れ、荷札においてもお客様で管理しやすいように

変更させていただくことになりましたので、お知らせ申し上げます。

鋼番及び荷札 変更の通知

 

関係各位からのご要望・ご意見を真摯に捉え、期待に応えるよう今後も努めてまいります。

4月上旬に拓南製鐵でテレビ撮影がありました。

番組は、OTV「HYゴーゴーゴーヤー」になります。

 

なんとHYメンバーは、4名全員が揃い感激の収録となりました。

内容は、拓伸会(拓南グループ)創業のきっかけから始まり、拓南商事と拓南製鐵の仕事を

HYメンバーに紹介・体験してもらいました。

 

我々が沖縄県で存在する意義を引き出してもらい、HYメンバーが盛り上げて楽しい収録となりました。

 

放送予定日は、5月9日・16日になります。

ぜひ、ご覧いただけると幸いです。

 

是非ご覧になってください。

https://www.takunan.co.jp/

拓南グループの繋がりが分かります。

 

 

令和2年度 品質方針

危機意識を持ち 報連相の徹底

 

趣旨説明

世の中は日々目まぐるしく変化しています。
 どのような状況の変化にも対応できるよう常に危機意識を持ち、自分は何をすべきか見える化し、

一人一人が意識し取り組む必要があります。
 改めて報告・連絡・相談ができる仕組みを確立し、仕事に期限を決めPDCAを意識しながら

進捗の確認、指導・助言を徹底していきます。

 

この方針を受け、各部署でやるべき事を明確化し、今年度の重点的な活動とします。

今年度も拓南製鐵は日々向上を目指し取り組んでまいります。

 

2020年新卒採用の皆さま!!

 
現在、新型コロナウイルスの急激な感染拡大により、2020年新卒の内定取り消しが発生していると報じられております。

 
入社まで1カ月を切った段階での内定取り消しであることから、大きな不安を抱えていることと思います。

 
そこで拓南グループでは、急遽内定取り消しを受けた学生の採用枠を設け、

「まだ間に合う、2020年新卒採用特集!!!」を行いたいと思います。

 

 

申込はコチラから!!
 
拓南グループは、希望を捨てず就活を行う皆さまを全力で応援致します!!!

是非ご覧になってください。

https://www.takunanrecycle.co.jp/

 

 

 

第6190回QCサークル全国大会-宜野湾にて、弊社代表取締役会長の古波津昇が
QCサークル経営者賞を受賞しました。

専務取締役就任時から、社内の品質管理教育や改善活動を積極的に進められました。

古波津自身もTQM推進委員会の委員長として、TQMの推進・支援・指導の体制を確立し、
また、社内の改善活動発表大会には毎回参加し、改善活動の奨励と発表サークル・社員への
指導・激励を継続して行っています。

さらには自身が役員を勤める業界団体・経済団体へ改善活動の普及・啓蒙の積極的な
働きかけを行い、沖縄支部を支援しています。

以上のことが、今回の経営者賞を受賞した理由となります。
これからも全社あげて、品質の維持及び継続的改善を繰り返し、より良い製品・サービスの
提供に努めてまいります。





ご安全に!
11月28日に名護市の北部会館で、沖縄県農林水産土木建設会の
研修会が開催されました。

今回、拓南製鐵の主要製品である “鉄筋の特性について” 試験室長の
盛島から話をさせて頂きました。

少しでも多くの方へ、リサイクルの大切さや、循環型社会形成へ
向けた弊社の取り組みを理解して頂けると幸いです。



10月9日にロワジールホテルで開催された「沖縄県産業安全衛生大会」にて、
当社石灰工場の職長が、沖縄県労働基準協会から、個人功労賞を受賞いたしました。

日頃、常に安全第一を念頭において業務に取組んでおりますが、
その取組を評価して頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

今後も、より一層の努力のもと、ゼロ災害を継続するよう、努力いたします。

ページトップ